オススメ映画・韓国

【オススメ度★★★★★】はちどり/思春期の揺れ動く思いを紡いだ秀作!!

概要

釜山国際映画祭でのワールドプレミア上映されたほか、ベルリン国際映画祭をはじめ世界各国で44以上の賞を受賞した本作は、14歳の少女を主人公に、思春期特有の揺れ動く思い、そして家族との関わりを繊細に描いたものだ。
キム・ボラ監督自身の少女時代の体験がベースとなっており、94年にソウル市内で起きた大きな事件が背景にあることも、大いに興味をそそられる。
本作は韓国国内で小規模な公開ながら、観客動員数が約15万人という異例の大ヒットを記録している。
監督と同世代――90年代に思春期を経験した女性――の共感を、大いに呼んだ結果だろう。
『パラサイト 半地下の家族』で勢いづく韓国映画の、底力を感じさせる秀作だ。
sub4

あらすじ

本作は1990年代の韓国を舞台に、思春期の少女の揺れ動く思いや家族との関わりを繊細に描いた人間ドラマである。
94年、空前の経済成長を迎えた韓国。14歳の少女ウニは、両親や姉兄とソウルの集合団地で暮らしている。
学校になじめない彼女は、別の学校に通う親友と悪さをしたり、男子生徒や後輩の女子とデートをしたりして過ごしていた。

photo_1
小さな餅屋を切り盛りする両親は、子どもたちの心の動きと向き合う余裕がなく、兄はそんな両親の目を盗んでウニに暴力を振るう。
ウニは自分に無関心な大人たちに囲まれ、孤独な思いを抱えていた。
ある日、ウニが通う漢文塾に、不思議な雰囲気の女性教師ヨンジがやって来る。
自分の話に耳を傾けてくれる彼女に、ウニは心を開いていくが……。

オフィシャルサイト→

2018年製作/138分/PG12/韓国・アメリカ合作
原題:House of Hummingbird
配給:アニモプロデュース

2222.jpg
スタッフ
  • 監督:キム・ボラ
  • 製作:キム・ボラ
  • 撮影:カン・グクヒョン
  • 脚本:キム・ボラ
キャスト
  • ウニ/パク・ジフ
  • ヨンジ/キム・セビョク
  • ウニの父/チョン・インギ
  • ウニの母/イ・スンヨン
  • ウニの姉/スヒパク・スヨン
  • ヨンジの母/キル・ヘヨン
関連記事